Boot Camp 備忘録 - ATOK 2008 の ON/OFF 切り替え

私の iMac には Boot CampWindows Vistaデュアルブートできるようにしてあります。ただし今までは iMac に開発サーバの役目も担わせていたので、常時 MacOSX を起動しておく必要があり、折角の Windows 環境は全然使っていませんでした。(本当は Palalllels Desktop でバリバリ使いたいのですが、ビデオドライバの問題なのか、主要用途である Windows Media Player でのビデオ再生ができず、使いどころがないのが実情でした。仮想マシンWindows 2000 なら問題ないのに。。。)

で、開発サーバの役目は Ubuntu Server マシンに移した訳だし、今後は Windows Vista 環境も有効に使おうと思い、まずは必須の ATOK を購入してインストールしました。

ところで、Apple 日本語キーボードには「半角/全角」キーがありません。デフォルトの MS-IME は「カナ/かな」キーでも ON/OFF 切り替えできたのですが、これは ATOK には効かない様子です。従って、キーの割り当て設定を行いました。

  1. ATOK のパレットを右クリックし、「プロパティ(環境設定)」をクリックします。
  2. ATOK プロパティ」画面が表示されます。
  3. 「キー・ローマ字・色」タブをクリックします。
  4. 「キーカスタマイズ(K)」ボタンをクリックします。
  5. ATOK キーカスタマイズ」画面が表示されます。
  6. 画面下部の「キー(K)」をクリックします。
  7. 画面右上の「キーを検索(S)」をクリックします。
  8. 「検索するキーを押してください」という画面が表示されますので、割り当てたいキーを押します。私は「カナ/かな」キーにしました。
  9. 該当キーが選択された状態になるので、画面下部の「変更(C)」ボタンを押します。
  10. 「キーの変更」画面が表示されます。「機能一覧」の選択肢から「日本語入力ON/OFF」を選び、「OK」ボタンを押します。
  11. 戻った画面でも「OK」ボタンを押します。

これで「カナ/かな」キーを押せば ATOK を ON/OFF できるようになりました。